509fa37a-2019-suzuki-jimny-1


日本でもその登場が待たれる新型ジムニーですが、その想いは海外の方々も同じのようです。
スクープサイトに記事が出ていましたので自動翻訳しました。

”小さなSUVがちょうど迷彩の痕跡なしで見つかったので、全く新しいスズキジムニーの背後にあるデザインの「謎」を解決しようとしているプロトタイプやレンダリングについては忘れてしまいましょう。

その上に、スズキの工場の後ろに座っていて、世界中のディーラーに出荷する準備が整った、さまざまな色調で完成した例がいくつかあります。

また、見る:スズキジンニーレビュー:まだ良い購入または喜んで私たちはさようなら言うでしょうか?

その箱のようなデザインの下には、従来のラダー・オン・フレーム・シャシーがあります。これは、全輪駆動システムと一緒に、新型ジムニーをかなり機能の小さなオフ・ローダーにする必要があります。

全体として、今後のジムニーは、従来の柔らかい外装デザインから出発して嬉しいようです。それを実際にはレトロなものと呼ぶかもしれません。我々はまた、新しいモデルがメルセデス Gクラスのテーブルスプーンとジープレネゲードのピンチと、やや古いジムニーにちょうど似ていることを伝えることができる。そのような独創的でないデザインが、最終的に従来型のコンパクトなクロスオーバ・セールス・ナンバーにつながることは考えにくいですが、日本の自動車メーカーがおそらく平和であるということはありません。

まったく新しいジムには、Creative311に準拠した半自律制動技術(Adaptive Cruise Controlなし)とLEDヘッドライトが搭載されていることも期待されています。

シンプルさのスプラッシュ

2019スズキ・ジムニーのキャビンは、実用的に見えますが、スズキ・スウィフトのようなタッチスクリーン・インフォテインメント・ディスプレイのような現代的な機能を備えています。
2b0f003c-2019-suzuki-jimny-7
内装イメージはまた、気候制御、多機能ステアリングホイール、自動変速機の存在を明らかにします。我々はいくつかのボタンが非常に大きいことに気付きました。おそらく、手袋をしている間に簡単に操作できます。

小さなエンジンレンジ

パワーはベース1.2リットル自然吸気のガソリンエンジンから来ると予想されますが、1.0リッターターボチャージャーの「ブースタージェット」3気筒はいくつかの市場で一歩前進すると考えられています。後者は110 HPの最大出力と170 Nm(125 lb-ft)のトルクを持つと噂されています。

結局のところ、これらのイメージが私たちに語ることは、10月の東京モーターショーで世界的なデビューを果たす予定で、おそらく2019年のジムニーが当初期待していたよりもずっと早く見えるだろうということです。年末までに販売が開始されますが、2019年の第1四半期には、新しいジムニーが世界中のさまざまな市場で利用可能になるはずです。

*記事は、日本のパンフレットを含む新しい情報と写真で更新されました。

ここまで自動翻訳

172037a9-2019-suzuki-jimny-100fa647c8-2019-suzuki-jimny-962c91871-2019-suzuki-jimny-8
2b0f003c-2019-suzuki-jimny-7 (1)e3ba4c9d-2019-suzuki-jimny-6a4c57462-2019-suzuki-jimny-5
57afb765-2019-suzuki-jimny-4587bae29-2019-suzuki-jimny-3bc4cf9ec-2019-suzuki-jimny-2
509fa37a-2019-suzuki-jimny-1 (1)2019-Suzuki-Jimny-72019-Suzuki-Jimny-6
2019-Suzuki-Jimny-52019-Suzuki-Jimny-42019-Suzuki-Jimny-3
2019-Suzuki-Jimny-22019-Suzuki-Jimny-12019-Ssuzuki-Jimny-1
2019-Ssuzuki-Jimny-22019-Ssuzuki-Jimny-32019-Ssuzuki-Jimny-4
2b0f003c-2019-suzuki-jimny-7509fa37a-2019-suzuki-jimny-1