BMW-8-Series


この事故はドイツはバイエルン州のランツフート地区にあるボーデンキルヒェンにて起こった悲劇です。
試作車の偽装カラーが目立つBMWは新型の8シリーズと見られる車が、相当なスピードで木をなぎ倒しながら最終的に横転しました。

ドライバーは37歳の男性ですが、同乗していた53歳の女性(ドライバーのガールフレンドの母親)は「重度の頭部外傷」にて死亡しました。
事故は重大なもので消防は救助するために油圧カッターにて車体を二箇所切り開かなければドライバー及び同乗者を車外に出すことが出来なかったとの事です。

事故はまだ調査中ではありますが、8シリーズが相当なスピードで走っていた事は明らかです。
この偽装も解けてない車両はM850i xDriveのと思われます。
であればこのモデルは最高出力530PS(390 kW / 523 hp)と最大トルク750 Nm(553 lb-ft)発生する最新型のV8エンジンを搭載しています。
これに8速オートマチックトランスミッションとリア重視の全輪駆動システムが備えられており、0-100km / h加速は4秒以内と言われています。

高性能車の代償とも言える事故ですが亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。