img1_file5b1a091537795


 ホンダと米ゼネラルモーターズ(GM)は電気自動車(EV)で使用する電池の開発などで協業する。従来製品に比べて高出力で軽く、充電時間が短い高性能なリチウムイオン二次電池を共同で開発する。両社は燃料電池車(FCV)の開発でも提携しており、EVにも協力体制を広げることで、次世代自動車の競争力も高める。

 新たな電池は主に両社が将来、北米市場向けに投入するEV商品に搭載する予定。GMがバッテリーモジュールを生産し、ホンダに供給することも視野に入れている。EV用の高効率な電池の実現に向けて研究開発を進めているGMにホンダの技術なども持ち寄り、より性能の高いEVの開発も加速する考えだ。

 両社はFCV関連でも提携を進めている。FCVの基幹システムを共同開発し2020年をめどに実用化を目指すほか、20年頃に水素燃料電池システムの生産を始める合弁会社も設立した。世界的に電動化の技術開発が進む中で、両社はFCVでの協力とともにEV関連でも連携を強化していく。

引用元:日刊工業新聞