screen-shot-2018-06-07-at-11-18-39-am-1528384758


アメリカはRywire Motorsports Electronics社にてチューニングされたこのS2000。
シャーシはAP1、つまり初期型を利用しています。
ボディはワイドフェンダーにそれに連なるバンパー、サイドステップと外観に関してはそう独創的なものはありません。
肝はエンジンであり、AP2のものをベースとBisimoto社のストローカーキットを組み込み。
ボア×ストロークは88×103mmとなり排気量は2500ccまで拡大されています。
そして圧縮比はなんと14.5:1と言う高圧縮です。
05

そしてキンスラー社の4連独立スロットルシステムが組み込まれ、インジェクターはツイン。
ポート噴射とファンネル前噴射の2箇所にインジェクターは装着されています。
(ファンネル前噴射は吸入空気量をてきめんに増大させる効果があります)
更にRywire Motorsports Electronics社によって作動は電子制御スロットルとされています。
06

さて14.5の圧縮比で既にお分かりの方もいらっしゃるでしょうが、このS2000はE85燃料を使用します。
アルコールが混ぜられている事で耐ノック性も高く、アルコールは助燃剤としても作用するために吸入空気量の確保さえできればパワーは望みのままです。

さてそんな環境性能と動力性能を得たS2000、動画がございますので是非御覧ください。