Tesla-Model3-01


テスラ社の月例株主総会でCEOのイーロン・マスク氏は、モデル3の35,000ドルのエントリーモデルを2019年の第1四半期から生産を開始すると発表しました。

既に報告されているように、このエントリーモデルは、容量が約50kWhのより小型のバッテリパックを採用すると言われています。
このバッテリーパックに関しても今年末までに生産準備が整うとマスク氏は言います。

さて数週間前マスク氏はモデル3の生産台数を週5000台を達成させると延べ、その後3〜6ヶ月後にモデル3のエントリーモデルを発売する予定であると述べました。
ですがテスラは現在の生産台数は週3,500台のレベルです。

株主総会でテスラは、モデル3が5月に米国でベストセラーの中型プレミアムセダンとなり、メルセデス Cクラス、BMW 3シリーズ、アウディ A4 を凌駕していると自賛しています。
De9WxlhUwAAj3Px

モデル3の35000ドルバージョンが最初に発表されてから既に3年が経過しました。
数十万人の見込み顧客が予約委託金を払いその登場を心待ちにしていますが、既に1/4がキャンセルを受ける中、同社とモデル3の行末が注目されます。