gemballa-tornado-spotted-in-monaco-1


モナコにてゲンバラ社のトルネードキットを装着したポルシェ・カイエンが発見されました。
まるで映画ロボコップで主人公が使用する真っ黒な警察車両の様な外観をしています。

これはゲンバラの第2世代のトルネードボディキットであり、ノーマルのカイエンのスチールパネル部分やプラスチック部分の一部をカーボンファイバー製品に置き換えられる為に重いカイエンの車体重量を約70kg(154ポンド)軽量化することが出来ます。

キットの特徴は大きな吸気口を備えたカスタムフロントバンパー、垂直LEDランニングライト、ワイドに広げられたホイールアーチ、丸いテールライト、4本のエキゾーストパイプ、そして大型の22インチアルミホイールが足元を締めます。

しかしゲンバラ・トルネードのチューニングパッケージは外観だけではありません。
彼らは出力を35〜40%トルクを30%増加させたいと計画。
実際にはより大型のターボチャージャーと大型インタークーラーに換装、専用エキゾーストマニホールドを含むエギゾーストシステムを装着し、そしてECUにチューンを施しました。

これによって出力はノーマルの550PS 750Nmから改造後は721PS 955Nmに向上しました。
0-100km加速の所要時間はノーマルの4.5秒から改造後は4.1秒。
最高速度はノーマルの283km/hから改造後はなんと310km/h。
特徴的な外観を裏切らない超高性能を発揮するこのゲンバラ・トルネードキット。
貴方のカイエンにも如何ですか?

gemballa-tornado-spotted-in-monaco-2
gemballa-tornado-spotted-in-monaco-3
gemballa-tornado-spotted-in-monaco-4
gemballa-tornado-spotted-in-monaco-5