Screen+Shot+2017-11-17+at+11.30.32+AM


ドバイで昨年発表された6輪車「Devel Sixty」は、全く独自の世界を持つオフロードコンセプトと言えるでしょう。
基本的に6輪の牽引力を持つ軍用車で、メルセデスのG63 AMG 6×6、ランドローバーのFlying Huntsman、フォードのHennessey VelociRaptorあたりがライバルと言えるでしょう。

さてDevel Sixtyは、その驚くべき外観デザインの下に最高出力720馬力、トルク1,000Nmを発生する6.7リットルのターボディーゼルV8エンジンが搭載されています。
公式に0-62mph(0-100km / h)加速や最高速度は発表されていません、ですがそれは推して知るべしでしょう。

Devel Sixtyコンセプトの実力をドラッグレースにて証明してみましょう。
動画がありますのでネタバレは避けるとして勝負の相手は名だたる強敵揃い。
メルセデス・ベンツのAMG GTS、同メルセデスのGクラス。
そしてドラッグレースにて右に出るもの無しの純アメリカ車コルベット。

最後にDevel Sixtyコンセプトのバリエーションを紹介しておきましょう。
標準車は先にも記した通り720馬力。
しかしハイパワーバージョンは2000馬力と3000馬力そして5000馬力!が存在します。
前者2つは標準車と同じV8エンジンですが、5000馬力バージョンは12.3リットルのV16エンジンを搭載しクローズドコース専用となります。

さて気になるお値段の方ですが160万ドル(約17549万円)となります。
独創的な2000馬力の6輪車を手に入れる費用としては悪くないものと…思える方は是非彼らに連絡を!