build-biology-s2-e9-10_2048x2048
TOP画像はケン・ブロック選手が立ち上げたブランドHoonigansが造り上げたS2000です。
過激で持って知られる同ブランドでありますから、エンジンフードの中身を覗いてみますと・・・
build-biology-s2-e9-05_2048x2048
この通りV型6気筒エンジンが搭載され、しかも巨大なタービンが両バンク前に鎮座しています。
大きな画像で・・・
build-biology-s2-e9-06_2048x2048
はいこの通り。
シンメトリーな美しいレイアウトですね。
改造車ではあるのですが、芸術品の様な美しさを同時に併せ持つ素晴らしい仕上がりです。
ベースとなったエンジンは2003年のAcura TL Type S(普通のセダンです)に搭載されていた3.2リッターのV6エンジン。
このエンジンをベースにターボ化されたS2000の最高出力は497馬力にも及びます、なおブーストは僅かブースト0.5kg/cm2にも関わらず…です。

さてTOP画像でもお判りになりますように、このS2000はエギゾーストがフロントフェンダー上に開けられており、そこから排気します。
大きな消音器がリアから消えたことによりそのスペースを活用して
build-biology-s2-e9-03_2048x2048
なんとリアマウントラジエーターとなっています。
なおウォーターポンプはエンジン備え付けの部品では無く、電動ウォーターポンプを使用しているとのことです。
そしてフロントからラジエーターが消え去ったことで、ツインターボ用のインタークーラーのレイアウトが非常に効率的にすることを可能としました。
build-biology-s2-e9-02_2048x2048

さてそんなS2000の姿を動画でぜひとも御覧ください!