20181107181003_573_
2018年11月7日、「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」の第一次選考が行われ、第二次選考(最終選考)に残る10台が公表された。

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考対象となるのは、2017年11月1日から2018年10月31日までに国内で発表発売された、500台以上の年間販売台数が見込まれる乗用車。ノミネートには輸入車も含まれる。

このたび、12月7日の日本カー・オブ・ザ・イヤー決定を前に一次選考が実施され、上位10モデルとなる「10ベストカー」が以下の通り決定した(順不同)。今年のイヤーカーは、これらの中から選ばれることになる。

スバル・フォレスター

トヨタ・カローラ スポーツ

トヨタ・クラウン

ホンダ・クラリティPHEV

マツダCX-8

三菱エクリプス クロス

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ

BMW X2

ボルボXC40

フォルクスワーゲン・ポロ

引用元:webCG