20181107113001_39_
ホンダは、イタリア・ミラノで開催されているEICMA 2018(ミラノモーターサイクルショー)に、ヨーロッパ地域の研究開発拠点のホンダR&Dヨーロッパ(ローマ)によるデザインスタディーモデル『CB125M/CB125X』を出展した。

CB125Mは、水冷4ストローク・単気筒エンジン搭載の「CB125R」がベースのスーパーモタードを強調したネイキッドストリートモデル。ボディーはシャープなラインと最小限のサイズで構成する。シートはコンパクトでリアに高く跳ね上げた形状とし、超小型LEDヘッドライトを採用した。

CB125XもCB125Rをベースにしたアドベンチャーイメージを強調したモデル。ボディーカラーはホワイトのみで、深みのあるラインとソリッドな面で構成するデザインは、アグレッシブなイメージの演出を目指した。

引用元:レスポンス