20181107090002_730_
ホンダは、11月6~11日にイタリア・ミラノで開催されるEICMA 2018(ミラノ国際モーターサイクルショー)で、ニューモデル『CB650R』、『CBR650R』、『CB500F』、『CBR500R』、『CB500X』を世界初公開すると発表した。

ミドルクラスのCB650Rはカフェレーサーのデザインエッセンスと、凝縮した台形プロポーションを融合したスタイリングが特徴。直列4気筒エンジンは、力強い出力特性で、「ホンダ・セレクタブルコントロール」とアシストスリッパークラッチを採用することで、操る楽しさと上質なライディングフィールを追求したとしている。

CBR650Rは、シャープでアグレッシブなラインを強調したフェアリングや、ショートタイプのリアデザインの採用によってスーパースポーツモデル「CBR1000RRファイアーブレード」を彷彿させるスタイリングとした。CBR650Rは、「CBR650F」の後継モデルで、外観を一新するとともに、高回転域での出力を向上するなど、スポーツモデルとしてのトータル性能の向上を図った。

CB500F、CBR500R、CB500Xは、直列2気筒エンジンを搭載、常用域の3000回転から7000回転において力強いトルク特性を実現するなど、熟成を図った。新タイプのリアサスペンションとアシストスリッパークラッチに加え、フルLEDの灯火器や新型のデュアルマフラーを採用する。

CB500Fは、フロントからリアまでシャープなラインで構成したスタイリングでロードスターモデルとしてスポーティーな走りを追求した。CBR500Rは、よりシャープなスタイリングを採用するとともに、スポーティーなライディングポジションとした。CB500Xは、フロントに19インチタイヤを採用するとともに、前後サスペンションのストロークを伸長するなど、アドベンチャーモデルのイメージを高めた。

CB650RとCBR650Rは日本市場にも投入する予定。CBR500Rは日本では「CBR400R」、CB500Xは日本では「400X」としてそれぞれ販売する予定。

引用元:レスポンス