df1k8980-1541535186


自動車ランキング
ロールスロイス社初のSUVとして話題を呼んでいる「カリナン」。
世界的なSUVブームには流石のロールスロイスと言えど逆らえずSUVを、4×4車を発売したと揶揄されています。
しかし1981年、ロールスロイスがパリ・ダカールラリーに出場していたことをご存知でしょうか?
それがTOP画像のロールスロイス・コーニッシュです。
df1k9480-1541535234
美しいクーペボディが特徴の同車。
クリスチャンディオールがスポンサードしてのレース出場だったそうです。

しかしながら残念なお知らせがあります。
ロールスロイス製の絹のように滑らかな6.75リッターV型8気筒エンジンは取り外され、馬車馬の様に使用できるGM製の5.7リッターV型8気筒に変更されています。
シャシー周りも大幅な変更を受けトヨタHJ45ランドクルーザーのシャシーと4WDシステムを搭載、そこにロールスのボディを載せた作りとなりました。
df1k9498-1541535234
と実情を見ればもはやロールスと言えないかも知れません。
しかしながらロールスロイスの伝統たるパルテノングリルと女神は外されませんでした。
(他にもロールスらしくメーターパネルから助手席まで一枚物のウッドパネルが使われています)
df1k9573-1541535236

このロールスロイス・コーニッシュにとってのパリ・ダカールラリーはブルキナファソの樹木に衝突した時に終わりを告げました。
正確にはその修復がレース規定により違反となり失格となりました。
df1k9185-1541535226

さて時は巡って現代。
SUVとして産まれたカリナンはダカールラリーに挑戦するでしょうか?
本来であれば本職とでも言うべきオフロード走行です。
舗装路を優雅に走行すべく創られたコーニッシュにてパリダカールに挑戦したチャレンジングスピリッツの数分の一でもあれば・・・と夢想せざるを得ません。