8bb97b34-mercedes-amg-v12-


自動車ランキング
メルセデス・ベンツは同社のAMGブランドにて使用していたV型12気筒エンジンの採用を辞め、V型8気筒+電動化が主力になる事を発表しました。
これはAMG社の最高責任者トビアス・モーアス氏が明らかにしたもので、現在V12エンジンを採用しているS65の生産が終了すると同時に、V12エンジンも終了すると語りました。

幸いにもツインターボ付きV型8気筒エンジンの使用はやめない模様です。
同氏曰く「V8エンジンは効率的なエンジンであり、電動化技術をプラスすることで非常に長いライフサイクルになることが予測されます」との事です。
94a18f12-mercedes-amg-v12-1 (1)

AMGがツインターボ付きV8エンジンと電動化技術を組み合わせる新しいパワートレインを採用するのは、同社のレンジトップに座するであろうAMG GT4ドアモデルであると予測されています。
モーター駆動の出力はおよそ134hpを超え、エンジン出力との合計出力は800hpを超えるとも予測されています。

モーラス氏曰く「業界の進化のスピードがますます上がっている。例えばV型8気筒エンジンが2028年に採用が終わる・・・などと言う事は誰も予測できません、不可能なのです」

また「開発にコストを差し向けることは会社としての賢明さを表しています、しかし投機的であってはならず、十分に計算され準備された計画に基づいて為されねばならないのです」
とも述べています。

BMW社もアウディ社も先日そろってV型12気筒エンジン搭載モデルの終焉を発表したばかりであり、AMGからも同様のニュースを聞く日が来るとは、一抹の寂しさを覚えざるを得ません。