c


自動車ランキング
ジープグランドチェロキーTrackhawkは搭載するスーパーチャージャー付き6.2リッターV型8気筒エンジン「ヘルキャット」のお陰でノーマルですら最高出力が707HP、最大トルクが875Nmと言う快速SUVです。

さてそんな化物SUVに対しても可能であればチューニングを施すのがアメリカ流。
有名チューナーであるヘネシー・パフォーマンス社からすれば使い慣れたエンジンでもある事から、HPE850、HPE1000キットをチェロキー用に製作しました。

ノーマルのヘルキャットエンジンの最大ブースト圧は0.81kg/cm2ですが、これをHPE850キットではスーパーチャージャーのプーリー比の変更でブースト0.98kg/cm2にまで高めています。
その結果、エンジン出力でその名の示すとおり852HP、そして最大トルクは1,146Nm!にも及びます。

そしてHPE1000キットにもなると最高出力は1,012HPにも及び、最大トルクも1,314Nmと言う途方もない数値にまでUPします。
この向上にはストックのスーパーチャージャー(容量2.4リットルのルーツブロワー)を4.5リッターに増強されたスーパーチャージャーへの変更。
そして鍛造ピストンに高強度コンロッド等エンジン内部の変更と燃料系の強化が行われます。

さて今回ご紹介する動画では「ノーマル」「HPE850キット」「HPE1000キット」の3台を同時に走らせて比較するという大変わかりやすい結果が出るものです。
大迫力の映像でもありますので是非ともご覧ください。