20180808101001_746_
フォルクスワーゲン最小となるクロスオーバーSUV『Tクロス』市販型プロトタイプを、ほぼフルヌードの状態でカメラが捉えた。2016年に初公開されたコンセプトモデル『Tクロスブリーズ』から大きな進化を見せている。

キャッチしたフルヌードボディは、薄くワイドな六角グリル、L字に光るLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、ターンシグナル付きのコンパクトなコーナーエアインレットが確認出来る。テールライトは、ユニットを大きく見せる偽装が施されているが、その下にデザインが確認出来る。また黒いテープの下には、左右テールライトをつなぐLEDストリップが隠されているはずだ。

市販型では、2ドア・オープンだったスポーティなコンセプトモデルから一転、コンパクトながら大人5人が乗れる本格クロスオーバーSUVへ進化。ボディサイズは現在の同ブランド最小SUV『Tロック』よりも1.18インチ(30mm)短いホイールベースとなり、日本で発売されれば人気が出そうだが、米国では小さすぎると懸念されているようだ。

パワートレインの詳細も見えてきた。エントリーモデルには、最高出力115psを発揮する1リットル直列3気筒ターボエンジン、その上には最高出力155psを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力190psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジンや『ポロ』から流用される1.6リットルTDIディーゼルエンジンのラインアップが予想される。

テスト車両の状態からも世界初公開は数週間以内と見られ、2020年には、日本市場にも投入の可能性があるようだ。

引用元:レスポンス