ダウンロード (1)


自動車ランキング


マツダが1992年に発売した「AZ-1」
アメリカでの輸入解禁である25年ルールを迎え、その人気が沸騰しているようでカーコレクターで有名な人気司会者ジェイ・レノの番組で紹介されていました。

AZ-1、オートザムブランドで販売された同車はマツダによって開発され、スズキ製ターボチャージャー付き660cc直列3気筒エンジンを車体後部に搭載するミッドシップレイアウトをとり後輪を駆動します。
並み居るスーパーカーと同様のミッドシップに加え、ガルウイングも装備するAZ-1。
外装は樹脂で作成されており車体重量は720kgほどと大変軽量であり、64馬力の出力で最高速度140km/h(リミッター作動)でありリミッター解除時には160km/hに迫るたいへん小さなスーパー化です。

さてそんなAZ-1を日本で働いていた際に購入したエンジニアのAshley DeLucaさん。
彼女は帰国する際に愛車をそのまま米国に輸入し持ち込みました。
約7000ドルで購入したAZ-1は輸入費用として4000ドルという大金が掛かったそうです。
ですがその苦労の甲斐あって有名司会者ジェイ・レノの目にとまることになり、彼の市場という誉れを得ました。

日本のキュートなスーパーカーに驚きつつも楽しんでいる彼らの様子を是非動画でご覧ください。