crsm0000000000
1945年の8月6日、広島に人類史上初めて原子爆弾が投下されました。単に原子爆弾の凄さを日本に見せつけるだけで無く、広島の市街と人達に最大限の被害を与えられるよう、地上600mで起動(9日に長崎に透過された原爆は500mで起動)。熱線と放射線と猛烈な爆風、そして直撃を免れた人達にも放射能を含む汚染雨によって被災しました。

続きが気になった方はコチラにどうぞ(国沢氏のサイトです)